【R5 上期 電験3種 理論 問6】電流源と電圧源で構成される直流回路の計算問題

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.org(for Academic Style)にお越しいただきまして、ありがとうございます!

この記事では、令和5年度 上期 電験3種 理論 問6の過去問解説をします。

令和5年度 上期 電験3種 理論 問6 問題文

図のような直流回路において、3Ωの抵抗を流れる電流の値[A]として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)0.35
(2)0.45
(3)0.55
(4)0.65
(5)0.75

解答・解説:正解は(5)

重ね合わせの理と解くのが一番簡単です。

電圧源を短絡すれば、電流源の電流は抵抗の逆比で分流され、3Ωの抵抗には、

$$\frac{5}{3+5}×2=\frac{5}{4}\left[{\rm A}\right]$$

流れます。

次に電流源を開放し、電圧源のみとすれば、$3{\rm Ω}$の抵抗には、

$$\frac{4}{3+5}=\frac{1}{2}\left[{\rm A}\right]$$

の電流が流れます。

流れている電流の向きが逆であることに注意して、最終的に、

$$\frac{5}{4}-\frac{1}{2}=0.75\left[{\rm A}\right]$$

の電流が流れます。

答えは(5)です。

電験 過去問解説

電験の過去問解説を無料公開しています。

全ての過去問記事は、電験3種 過去問解説 年度別一覧からどうぞ。

電験2種 過去問解説

電験3種 過去問解説

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする