令和5年度 上期 電験3種 機械 問1の過去問解説

令和5年度 上期 電験3種 機械の過去問解説

次の文章は、直流機の構造に関する記述である。
直流機の構造は、固定子と回転子とからなる。固定子は、(ア)、継鉄などによって、また、回転子は、(イ)、整流子などによって構成されている。
電機子鉄心は、(ウ)磁束が通るため、(エ)が用いられている。また、電機子巻線を収めるための多数のスロットが設けられている。
六角形(亀甲形)の形状の電機子巻線は、そのコイル辺を電機子鉄心のスロットに挿入する。各コイル相互のつなぎ方には、(オ)と波巻がある。直流機では、同じスロットにコイル辺を上下に重ねて2個ずつ入れた二層巻としている。

上記の記述中の空白箇所(ア)~(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 界磁 電機子 交番 積層鉄心 重ね巻
(2) 界磁 電機子 交番 鋳鉄 直列巻
(3) 界磁 電機子 一定の 積層鉄心 直列巻
(4) 電機子 界磁 交番 鋳鉄 重ね巻
(5) 電機子 界磁 一定の 積層鉄心 直列巻

解答・解説

正解(1)

直流機の構造を下図に示します。下図に示す通り、直流機の固定子は界磁であり、回転子は電機子や整流子で構成されています。

直流機の電機子鉄心は回転しており、界磁から交番磁界が印加されます。

この電機子鉄心には積層鉄心が使われます。

電機子を構成するコイルのつなぎ方には、重ね巻と波巻があります。

なお、波巻のことを直列巻と表現することがあるので、注意が必要です。

以上より、
(ア)界磁
(イ)電機子
(ウ)交番
(エ)積層鉄心
(オ)重ね巻
となるので、正解は(1)です。

タイトルとURLをコピーしました