【R4 下期 電験3種 理論】RL回路とRC回路を組み合わせた場合のスイッチ投入後の過渡電流を計算する問題

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.org(for Academic Style)にお越しいただきまして、ありがとうございます!

この記事では、令和4年度 下期 電験3種 理論 問10の過去問解説をします。

令和4年度 下期 電験3種 理論 問10 問題文

図の回路のスイッチ$S$を$t=0{\rm s}$で閉じる。電流$i_S\left[{\rm A}\right]$の波形として最も適切に表すものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。
ただし、スイッチSを閉じる直前に、回路は定常状態にあったとする。

解答・解説

定常状態において、下図に示す$i_1\left(t\right)$は$0\left[{\rm A}\right]$になります。

そして、スイッチSをオンにした後の電流は、以下のとおりになります。

また、定常状態において、下図に示す$i_2\left(t\right)$は$0\left[{\rm A}\right]$であり、コンデンサは$1\left[{\rm V}\right]$に充電されています。

そして、スイッチSをオンにしたっとの電流は、以下のとおりになります。

この電流波形を合成すれば、下図の通りになります。

よって、正解は(5)です。

電験 過去問解説

電験の過去問解説を無料公開しています。

全ての過去問記事は、電験3種 過去問解説 年度別一覧からどうぞ。

電験2種 過去問解説

電験3種 過去問解説

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする