令和3年度 電験3種 理論 問5の過去問解説

令和3年度 電験3種 理論 問5

次の文章は、熱電対に関する記述である。
熱電対の二つの接合点に温度差を与えると、起電力が発生する。この現象を(ア)効果といい、このとき発生する起電力を(イ)起電力という。熱電対の接合点の温度の高いほうを(ウ)接点、低いほうを(エ)接点という。

上記の記述中の空白箇所(ア)~(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) ゼーベック
(2) ゼーベック
(3) ペルチェ 誘導
(4) ペルチェ
(5) ペルチェ 誘導

解答・解説

●正解(1)

熱電対は、異なる2種類の金属の接合点を、異なる温度にしたときに起電力が生じる現象です。

これをゼーベック効果といいます。

ゼーベック効果によって生じる起電力のことを熱起電力といい、温かい方の接合点を温接点、冷たい方の接合点を冷接点といいます。

なお、ペルチェ効果は、異なる2種類の金属に電流を流せば、接合点において温度差が生じる現象のことを言います。ちょうど、ゼーベック効果の逆の作用になります。この原理は、ペルチェクーラーに採用されています。

関連する問題として、令和5年度 上期 問12があります。併せてチェックしておいてください。

タイトルとURLをコピーしました