令和元年度 電験3種 理論 問7の過去問解説

令和元年度 電験3種 理論 問7

図のように、三つの抵抗$R_1\left[\mathrm{Ω}\right]$、$R_2\left[\mathrm{Ω}\right]$、$R_3\left[\mathrm{Ω}\right]$とインダクタンス$L\left[\mathrm{H}\right]$のコイルと静電容量$C\left[\mathrm{F}\right]$のコンデンサが接続されている回路に$V\left[\mathrm{V}\right]$の直流電源が接続されている。定常状態において直流電源を流れる電流の大きさを表す式として、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)$\frac{V}{R_3}$

(2)$\frac{V}{\frac{1}{\frac{1}{R_1}+\frac{1}{R_2}}}$

(3)$\frac{V}{\frac{1}{\frac{1}{R_1}+\frac{1}{R_3}}}$

(4)$\frac{V}{\frac{1}{\frac{1}{R_2}+\frac{1}{R_3}}}$

(5)$\frac{V}{\frac{1}{\frac{1}{R_1}+\frac{1}{R_2}+\frac{1}{R_3}}}$

解答・解説

正解(4)

定常状態において、コンデンサに電流は流れません。

また、インダクタは単なる導線になるので、ないものとみて問題ありません。

よって、定常状態における等価回路は下図の通りになります。


その結果、回路の抵抗値は、

$$\frac{1}{\frac{1}{R_2}+\frac{1}{R_3}}$$

であるので、回路に流れる電流は、

$$\frac{V}{\frac{1}{\frac{1}{R_2}+\frac{1}{R_3}}}$$

になります。

よって、答えは(4)です。

タイトルとURLをコピーしました