平成30年度 電験3種 理論 問7の過去問解説

平成30年度 電験3種 理論 問7

図のように、直流電圧$E=10\mathrm{V}$の定電圧源、直流電流$I=2\mathrm{A}$の定電流源、スイッチ$S$、$r=1\mathrm{Ω}$と$R\left[\mathrm{Ω}\right]$の抵抗からなる直流回路がある。この回路において、スイッチ$S$を閉じたとき、$R\left[\mathrm{Ω}\right]$の抵抗に流れる電流$I_R$の値$\left[\mathrm{A}\right]$が$S$を閉じる前に比べて2倍に増加した。$R$の値$\left[\mathrm{Ω}\right]$として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)2  (2)3  (3)8  (4)10  (5)11

解答・解説

正解(1)

スイッチ$S$を閉じる前、電流源から$2\left[\mathrm{A}\right]$が供給されていました。これを、スイッチ$S$を閉じることで2倍になった、つまり$4\left[\mathrm{A}\right]$になったことが分かります。

回路各部に流れる電流は、以下の図の通りになります。

ここで、電圧方程式を考えれば、

$$10=2\times1+4\times R$$

なので、

$$R=2\left[\mathrm{\Omega}\right]$$

と求まります。

よって、正解は(1)です。

タイトルとURLをコピーしました