平成30年度 電験3種 理論 問13の過去問解説

平成30年度 電験3種 理論 問13

図1は、ダイオード$D$、抵抗値$R\left[\mathrm{Ω}\right]$の抵抗器、及び電圧$E\left[\mathrm{V}\right]$の直流電源からなるクリッパ回路に、正弦波電圧$v_i=V_msin\omega t\left[\mathrm{V}\right]$(ただし、$V_m>E>0$)を入力したときの出力電圧$v_0\left[\mathrm{V}\right]$の波形である。図2(a)~(e)のうち図1の出力波形が得られる回路として、正しいものの組合せを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。
ただし、$\omega\left[\mathrm{rad/s}\right]$は角周波数、$t\left[\mathrm{s}\right]$は時間を表す。また、順電流が流れているときのダイオードの端子間電圧は$0\mathrm{V}$とし、逆電圧が与えられているときのダイオードに流れる電流は$0\mathrm{A}$とする。

(1) (a)、(e)  (2) (b)、(d)  (3) (a)、(d)
(4) (b)、(c)  (5) (c)、(e)

図1

図2

解答・解説

正解(3)

選択肢にある回路の波形は以下のとおりとなります。

(a) (b)
(c) (d)
(e)

 

タイトルとURLをコピーしました