平成29年度 電験3種 理論 問11の過去問解説

平成29年度 電験3種 理論 問11

半導体のpn接合の性質によって生じる現象若しくは効果、又はそれを利用したものとして、全て正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)表皮効果、ホール効果、整流作用

(2)整流作用、太陽電池、発光ダイオード

(3)ホール効果、太陽電池、超伝導現象

(4)整流作用、発光ダイオード、圧電効果

(5)超伝導現象、圧電効果、表皮効果

解答・解説

正解(2)

(1)誤り

表皮効果は、導体に交流の電流が流れた時、導体内部を均一に電流が流れるのではなく、導体の表面に電流が集中する現象のことであり、pn接合とは関係がありません。

(2)正しい

整流作用はpn接合のダイオードによるものです。太陽電池や発光ダイオードも同じです。

(3)誤り

超電導現象は、超低温環境下において抵抗値が著しく小さくなる現象のことであり、pn接合とは関係ありません。

(4)誤り

圧電効果は、圧電素子が変形したときに、変形部分に電荷が発生する現象のことを言います。pn接合とは関係ありません。

(5)誤り

上述の通り、超電導現象、圧電効果、表皮効果のすべてに関して、pn接合とは関係ありません。

タイトルとURLをコピーしました