平成29年度 電験3種 理論 問1の過去問解説

平成29年度 電験3種 理論 問1

電界の状態を仮想的な線で表したものを電気力線という。この電気力線に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)同じ向きの電気力線同士は反発し合う。

(2)電気力線は負の電荷から出て、正の電荷へ入る。

(3)電気力線は途中で分岐したり、他の電気力線と交差したりしない。

(4)任意の点における電気力線の密度は、その点の電界の強さを表す。

(5)任意の点における電界の向きは、電気力線の接線の向きと一致する。

解答・解説

正解(2)

電気力線の基本的な性質として、

①正電荷から出発し、負電荷に入る
②電気力線は交わらない(反発する)
③電気力線は途中で出現したり消滅したりしない
④電気力線の密度は電界の大きさを示す
⑤等電位面は電気力線と直交する

となります。

よって、正解は(2)です。正電荷から出て負電荷に入るのが正解です。

電気力線の性質は電束と基本的には同じですが異なる点としては電気力線は電界の強さを示す線であることです。

電界が強くなれば電気力線の密度も高くなります。

タイトルとURLをコピーしました